2015年09月08日

どうにかならないの?

児童のサービス等利用計画書も着々と進んでいるようです。



ところが、あと半年で卒業する高3生に福祉課から児童のほうの相談支援事業所へ行って計画書を作成してもらうよう指示が出たそうです。



今は卒業後の受け入れ先を決める大切な時期。



本来ならば大人対象の相談支援事業所と契約しなくてはいけないはずです。



でも、その子は早生まれのためまだ17歳。



何とかならないものなんでしょうか?



聞けば、子供を対象にするかしないかは相談支援事業所の判断なのだそうです。



寛大な対応をお願いしたいですね。

posted by アケビ at 10:06| 富山 ☁| Comment(0) | 障がい福祉 | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

どや顔

18日はお母さんたちとの飲み会でした。

夕方4時にその一人のお母さんから電話が入りました。

息子がファボーレでお父さんとはぐれたので少し遅れるかもしれないと。

「担任の先生には連絡したのか?」と聞くとまだだと言うので、すぐ先生に連絡するように言いました。

それから、私は探しに行けないのでその子が利用している富山型デイサービスに電話。

そうすれば何とかしてくれるでしょう。

いわゆる丸投げ。

でも、お陰ですぐに見つかったようです。

翌日のデイサービスのブログは「どんなもんだい!」と言わんばかりの内容。

笑った。
posted by アケビ at 20:07| 富山 ☁| Comment(0) | 障がい福祉 | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

厳重注意

今日はエアロビクスでした。


この前のことがあったので非常にムカついていたのですが、私一人怒ってても仕方がないので事を納めることにしました。


周りのお母さん達は「可哀想だねか。」とか言うけれど、パニックを起こしたのは親のせいだなんて思われて悔しくないはずがないではありませんか?


「もっとちゃんと子供を見ろよ。」なんてどうして言えましょう。


世の中には許せることと許せないことがあると思います。
posted by アケビ at 19:22| 富山 ☁| Comment(0) | 障がい福祉 | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

社長の野望

希望すれば社長と直々に面談が出来るとあって、息子の作業所へ行ってきました。

他に面談する親御さんはいたのかしら?

私のあとに誰も順番に付いていないようで、ほんの少しのつもりが1時間も社長の野望を聞かされました。

でも、お陰で色々と新情報が。。

富山市や他でB型事業所が飽和状態な市町村は、向こう3年間作業所の定員を増やしたり、新規で事業所を作ったりしてはいけないのだそうですね。

息子の作業所はニーズが高く、しかもこの先就労移行の期限が切れる利用者が続出してくるので、新たに奥田営業所の人数を増やすか、もしくは別の場所に新規で第3の営業所を作ろうと計画していたようです。

ところが、上記のように富山市では増やせないし、新しく作れないということで、四方のほうでギリギリ射水市に入るところに、来年の秋に第3営業所を作ることにしたそうです。

社長さん、やりますね。



秋には息子も就労移行からB型へとまた元に戻る形になるのですが、「単価が下がってすみません!」と社長に言うと、30人以上の事業所では就労移行とB型はそれほど単価に差が出ないのだと教えてくれました。

他にも工賃をやりくりする独自の仕組みを教えてもらいましたが、よく分からなかったので忘れてしまいました。

「グループホームははっきり言って儲からない。」みたいなことも言ってたな。

たまに経営者の話を聞くのもいいかも。

官庁から天下りでなった施設長よりかはよっぽどマシだよね。
posted by アケビ at 15:03| 富山 ☁| Comment(0) | 障がい福祉 | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

Aに段階を!

青年になってから療育手帳がBからAに変わった障がい者がかなりいます。

もうこれ以上知的な進歩は見られないということかしら?

それはそれで良いけれど、富山もそろそろAに関して段階を設けるべきではないでしょうか?

最重度も中重度も軽重度も皆一律というのは如何なものか?

排せつや食事の介助が必要で、危険察知能力が乏しいため常に見守りが必要な障がい者と、自分の携帯でメールをやり取りし、お小遣いで好きな物を買っている障がい者が、同じ手当を受けているというのは解せないですよね?

だって、昨日まで当たり前に一人分の運賃を払っていた保護者が、子供がAになった途端に自分も半額になるんですよ。

その子は十分一人で乗り物に乗る力があるのに。。

おかしいでしょ?

せめてA1、A2の2つに分けて、手当もその段階に合わせたものにしなければ嘘です。

障害者総合支援法が支援区分に応じて受けられるサービスを分けているように、やはり富山の療育手帳も最重度の障がい者にはより手厚くなるような配慮を設けてほしいものです。
posted by アケビ at 13:13| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 障がい福祉 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。